KF324C+BH40

より手軽に確かな安心を

シンプルな構造で持ち運びに特化したエクスプローラー三脚、KFシリーズ

 望遠レンズから長時間露光など、大型三脚を必要とする場面でより軽量かつコンパクトな取り回しを実現したAOKAのエクスプローラーラインのKFシリーズ。

  KF324Cはセンターポールを省いたシンプルな設計で、重量は2kgを切る1.95kgを実現しました。一方で耐荷重24kgと充分な強度を誇っていますので、望遠レンズなどを用いた撮影にも適しています。

センターポール無しのメリット、デメリット

 コンパクトかつ軽量を目指している為、トラベラー三脚の様なセンターポールの機構が省かれています。これにより、最大高は1416mmに留まっております。ですので、ポジション設定で脚を伸ばしきった際に「あとちょっと伸ばしたい!」と言う方にはトラベラーラインであるKGシリーズが適しております。

 一方で、センターポールが無いことにより、軽量かつコンパクトに加えてローポジションへの切り替えが非常に素早く行えます。風景やスナップ撮影などで地面と並行しての撮影であったり、岩場などでの不規則な脚の開脚設定には、センターポールの無いこちらのモデルが優れているかと思います。
 

安心の耐荷重と、進化し続けるカーボン

 KF324Cの本体重量は1.95kg、耐荷重は充分の24㎏をマークしています。基本的にカーボン三脚において、耐荷重ギリギリでの使用はおすすめできないので、使用する機材に対して、充分な余裕を持った三脚を選ぶことが大切になってきます。その点でも、24㎏の耐荷重を持つKF324Cは、デジタル一眼レフカメラでの使用に於いて、その条件をしっかりと満たしていると言って良いでしょう。

 脚部はAOKA社の誇る業界最多層の10層カーボンで構成されています。カーボンはAOKAの耐荷重40㎏を誇るシステマティック三脚TKPROシリーズと同素材・同構成であり、信頼性は抜群です。カーボンの弱点であった、一か所に強い力が加わると金属のように曲がることなく、いきなり破断するという事故についても、AOKAの10層カーボンは層ごとにカーボン繊維の方向を変えているため、破断に対して充分な強度を保っています。

 

付属する自由雲台BH-40について

 KF324Cには、自由雲台BH-40が付属します。もちろん、この雲台は外せるのでお好みの雲台を取り付けてご使用いただくことが可能です。耐荷重22kgのこの雲台には、アルカスイス互換規格が採用されています。

 次いで、この雲台BH-40の特長として、水平器が横位置用と縦位置用の、2つ搭載されています。自由雲台はその名の通り、上下左右自由にその向きを動かすことが可能な雲台です。BH-40の1つ目の水平器は、横位置での左右水平を取るために、棒状水平器がクイックリリースの後方の確認しやすい場所に配置されています。縦位置用のもう1つの水平器は、映像用三脚で使われる事の多い丸型水平器が、雲台を縦位置にしたときに上部に来る、プレートのリリースノブに埋め込んで配置されています。

 

脚部に取り外せる機構を備えており、一脚としての運用が可能

 青いグリップの付いている脚部のみ取り外せるしようとなっており、ネジを緩めて取り外した後、付属のアダプターと雲台を取り付けることで一脚としての運用も可能になります。

アダプターに搭載されているのは3/8インチネジ(通称太ネジ)ですので、三脚本体と同様お好みの雲台を取り付けることも可能です。



付属品

 金属製石突×3、三脚ゆるみ調整用六角レンチ、専用収納バッグ、一脚用アダプター、自由雲台(BH-40)、保証書となっております。

 

システマティック三脚

トラベラー三脚

エクスプローラー三脚

ミニ三脚

x