CMP163C+KB20

AOKAより超軽量ミニ三脚の登場

日常のあらゆる場面に新たな一枚を

 AOKAのコンパクトラインナップとして登場したCMP163C、付属の自由雲台(KB20)を合わせても重量はわずか440g。縮長も雲台込みで259mmと、カバンの中にサッと入れて持ち出す事が可能です。
 耐荷重は3kgまでなので、スマートフォンから一眼レフまで、幅広い機種に対応できます。

 

妥協しない機能性

 コンパクトでありながら、AOKAフラッグシップと同じ10層カーボンの採用や、3段階角度調整、センターポールを取り付けての高さ拡張など、三脚に求められる機能をしっかりと兼ね備えています。




 フラッグシップ同様のローポジション撮影を実現

 開脚幅を最も広げることで、AOKAのプロユース三脚と同様にローポジションでの撮影も可能になりました。フラットな地面での運用はもちろんの事、サイズの小ささを生かし、机上での物撮りや自撮り撮影にも最適です。

 

自由雲台、スマートフォンアダプターが付属

 本製品には本体(CMP163C)に加えて、自由雲台(KB20)とスマートフォンアダプター(AP5590)が付属します。CNC加工のアルミニウム製となっており、三脚を専門とするAOKAならではのしっかりとした造りとなっています。
 
 開口部は約9cmまで開きますので、iPhone 12 mini、iphone12 Pro Max、Galaxy S21、Galaxy Note 20など幅広い機種に対応しています。

 自由雲台、スマートフォンアダプターにはアルカスイス互換規格が採用されています。この規格は、アルカスイス社の設計に各社が合わせたもので、この規格のクイックリリースシュー同士ならば、どの社の製品にも合致するようになっています。
 
 AOKAの雲台などにはもちろんの事、他社のアルカスイス互換製品にも対応が可能です。また、スマートフォンアダプターには1/4インチのネジ取り付け部を、下部、背部に備え付けており、一般的な三脚ネジによる固定も可能です。



付属品

 自由雲台、スマートフォンアダプター、三脚ゆるみ調整用六角レンチ、専用収納バッグ、延長用センターポール、ウェイト用カラビナ、保証書となっております。


 

システマティック三脚

トラベラー三脚

エクスプローラー三脚

ミニ三脚

x